フォルクスオーパー引退(その1)

フォルクスオーパー

12月12日付けで引退しました。

12月7日阪神のレースが最後でした。

42戦してくれました。(2-1-3-36)の戦績。
2008年12月14日新馬戦から2013年12月7日の5年間
(2歳から7歳まで)元気に走ってくれました。
厩舎で大事にしてもらい、不振のときも見放されなかったから
これだけの期間を走ることが出来ました。
ほんとうにありがたかったです。

長い競走生活、ほんとうにお疲れ様でした。
そして
ありがとう

引退後は牧場へ戻り、繁殖牝馬として新たな生活が始まります。
元気に過ごして、いい子を産んでくださいね

42戦も走ってくれたので、さまざまな思い出がよみがえってきます。
まずデビュー戦から。
このブログは2009年2月に始めたので、2008年12月の
デビュー戦は掲載できていません。

フォルクスオーパー
デビュー戦の写真は初公開でございます

2008年12月14日中京6R(2歳新馬戦・17頭だて)
1枠2番で、トップにパドックに現れたフォルクスオーパー。
少し戸惑った表情に愛らしさがあふれていて、初対面の私はあまりの可愛さに
見とれてしまいました
改装前の中京パドック。さざんかが満開でした。
画像

画像

画像

愛らしさの中にシッカリした顔つきが見られました。
川島騎手騎乗でした。
画像

画像


この新馬戦は忘れることが出来ません。

もう1頭の出資馬セレーサと同じレースだったのです。
出資馬2頭が新馬戦で激突

セレーサはチリエージェの全妹でクラブの期待馬。満口の馬。
片やフォルクスオーパーは地味な血統で誰も注目していない。
1番人気のセレーサと12番人気のフォルクスオーパー。
対照的な2頭。
私もセレーサは勝てると期待していた。
フォルクスオーパーは無事にデビューを果たしてくれればそれで良い
との思いだった。

レース

セレーサが逃げる。当然でしょ。スピードがあるのだから。
逃げた時点で勝ちを意識した。
そしてなんと2番手はフォルクスオーパー
スゴイ。もうこのまま、このまま

ところがゴール手前でセレーサが抜かれた
まさか、まさか・・・・・
タガノボヘミアンに交わされ、2着

フォルクスオーパーはしっかり走って5着。
こちらの走りには大満足。

セレーサの2着はうれしくない2着。
フォルクスオーパーの5着はうれしい5着。

そんな結末の新馬デビュー戦でした。

その後セレーサは12月27日中京未勝利戦ダート1000に
怒りの出走で、1番人気8着(16頭だて)
これでセレーサの精神は壊れてしまいました。
ここがセレーサのターニングポイント。
厩舎の「こんなハズでは」
とのあせりがすべてを台無しにしてしまいました。

2009年8月9日札幌11着
2009年10月3日阪神限定未勝利戦15着(シンガリ負け)
その後再ファンドで道営に移籍。
2010年5月に2戦するも勝てず、脚を悪くし引退しました(現在繁殖牝馬です)

一方
フォルクスオーパーはソエなどのため半年休養に入りました。

そして翌年限定未勝利戦で勝ったのです

明暗がくっきり分かれたこの新馬戦。
忘れようがありません。

まだ続きますが、ひとまず区切りますね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック