ジャンニヴェルサーチの命日その②

ジャンニヴェルサーチの命日は7月15日。

命日(7月15日)と誕生日(12月2日)記念に
ヤフオクでネクタイ中心に1998年から出品してきました。

ジャンニヴェルサーチにこだわりを持つ人も少なくなり、
売れ残りもでるようになりましたから
もうそろそろ終わりにした方がいいかなと思いながら、今年も出品しています。

相当数手元にあったネクタイも、あと数10本になっちゃいましたから、
お好みに合うものが残っていましたら幸いです。

画像

画像

写真は、「ジャンニの715 夏のクレージーレジメン」
ジャンニのレジメンは
オーソドックスなものからクレージーパターンまであるゆるものがありました。

あるインタビューで
「21世紀は既に私の作品の中にある」と豪語したジャンニですが、
その21世紀のための新たな世界観は
レジメンの中に鏤められているように思います。

爛熟と豊穣の20世紀末を象徴する多くのデザインも魅力的ですが、
「21世紀の理念を実現するための情熱と強い意志が込められた」
クラシックの完璧な理解をベースに飛んだレジメンが大好きなのです。
一般的には人気のないジャンニのレジメンこそ、
21世紀の現在、常用して欲しいと思っています。

お気に召した方がございましたら、リンクで飛んでヤフオクに行ってみてください。

20本くらい出しましたが、
どのくらい売れるかな?
また、売れ残りが出ましても、再出品なしの設定です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

Gianni Versace Collector
2013年08月29日 07:14
はじめまして
いつもブログを楽しみに拝見させて頂いております。

私共夫婦も80年代からGianni Versaceを愛用しています
もうおひとつのブログでは詳しい解説で
とても興味深く読ませていただきました。

私はFacebookにて
Gianni Versace のマイアミでのアシスタントをしていた方と
知り合い

彼を通じてGianniの古くからのビジネス・パートナー、
その他多数のGianni関係者、
熱心なというより驚異的なGianniのコレクターの方々を
ご紹介いただき日々情報交換しています。

彼らの勧めで妻だけでなく
私もブログを開設いたしました

本国イタリアを筆頭にラテン系の国でのGianni 愛用者は
知的レベル、芸術的感性が非常に高い方が多いですね。

この記事へのトラックバック