シンチェスト 逝く

シンチェストが6日老衰のため天国へ旅立ちました。

29歳でした。

RECの施設で、
スタッフの方々の深い愛情に支えられ、幸せに暮らしていました。

タイテエムの子大好き、
そのタイテエムによく似た(毛色は違うが)
シンチェスト大好きの私、別れは悲しく、寂しい。

しかし、永遠の命などない。
いつか別れが来ます。

いまはただ、天寿を全うできたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

2004年夏北海道に会いに行ったときの写真です。
このとき21歳。
画像

画像


亡くなった6日はNHKマイルが東京競馬場で行われた。
すっかり姿を変えたレースになりましたが、昔は、NHK杯と称して
ダービートライアルのレースだったのです。
奇しくもこのレースの日に亡くなったことに不思議な縁(えにし)を感じました。
(このレースで2着になりダービーに出走しました)

そしてダービーの激戦を癒すため、
北海道の牧場で休養中のシンチェストです。
友人からいただいた写真です。
画像

この写真はお気に入りで、額に入れ飾っています。

大型馬の宿命か
常に脚元の不安と戦っていたので、11戦しか走っていません。
1987年の京都記念を勝ち、重賞ウイナーとなりました。

当時、競馬場にカメラを持っていくことはめったになかったので、
現役の姿はこの写真1枚しかありません。


同期のダービー馬ダイナガリバーは先日亡くなりました。

RECで仲のよかったミスターシクレノンも2月に亡くなり、
シクレノンがいなくなり、ガクッときたようです。
それでもシクレノンのお別れ会まで頑張って生きていてくれました。
そして1週間後にシンチェストは旅立ちました。

ふたつ年下のシクレノンに呼ばれたのでしょうか?

「シンちゃん、こちらへおいでよ・・・」


ご冥福をお祈りいたします

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック