シンチェストのダービー

明後日はいよいよ第79回日本ダービーですね

福永騎手のワールドエースが勝つのか
ゴールドシップが2冠達成するのか

福永騎手は5月高知福永洋一記念のときのインタビューで
「来年はダービージョッキーとしてここに帰って来たい」と
力強く語っておられました。
応援したいですね

出口牧場さんのゴールドシップに勝ってもらいたいとの気持ちも
強いのです。

さて、先日シンチェストが天に召され、1986年の第53回ダービーを
なつかしく思い出しています。

前年(1985年)のダービーを初めて生観戦しました。
シリウスシンボリが優勝したダービーでした。

翌年(1986年)シンチェストがNHK杯でラグビーボールの2着となり、
ダービー出走権を獲得したので、生観戦することにしました。

東京の長い直線を外から明るい栗毛が伸びて来たとき、
やった~と一瞬夢を見ましたが、途中で伸びが
鈍ってしまいました。

真っ先にゴールに入ったのはダイナガリバー

最内いっぱい粘ってグランパスドリームが2着。

3着にアサヒエンペラー

1番人気だったラグビーボールは4着。

そしてシンチェストは7着でした。

26年も前になるので、記憶はあやふやですが、
シンチェストの明るい栗毛が直線勢いよく伸びてきているシーンと
吉田善哉氏の輝くばかりの笑顔。

このふたつの光景が強く焼き付いていて忘れられません。

第53回ダービーを制したダイナガリバーは
今年(2012年)4月26日永遠の眠りにつきました。
そして同期のダービー馬の後を追うように
シンチェストも5月6日永遠の眠りにつきました。

どちらも29歳の天寿を全うしました。

ダービー3着のアサヒエンペラーは健在です。
同期のみんなの分まで長生きしてほしいと願っています。



優駿増刊号「TURFHERO’86」に掲載のダイナガリバー
画像


なぜか今日(25日)日刊スポーツにグランパスドリームの記事が
掲載されていました。
画像


今年こそマイネル&コスモ軍団 コスモオオゾラ
ということで26年前の2着の記事になったのですね。


どの牧場も関係者も悲願のダービー制覇

今年はどんな物語が生まれるのか、
どのお馬さんもが勝っても、ステキなストーリーを知ることになります。

日曜日が楽しみです

もうダービーの生観戦ができるほど若くはありません。
今年のダービーは自宅で観戦予定です。





























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック