オグリキャップを偲ぶ

10日の阪神競馬場。

オグリキャップ追悼行事のひとつとして、お昼休みに
瀬戸口元調教師が当時の思い出をお話してくださいました。

画像


ターフビジョンの映像

画像


暑い日でした。センターステージでオグリキャップの思い出を語ってくれました。
前に陣取るファンは少ないです。暑くて居れない。
ひさしのあるスタンドの椅子で大勢のファンが聞いていました。
建物の中に居る人も聞いています。
私も暑いので、スタンドの椅子に座って聞きました。
司会は太平洋さん。紋付、袴です。

画像


お昼休みですから、後ろを誘導馬たちが悠然と歩いて行きます。
いい光景ですね。なごみます。

画像


オグリキャップについていろいろエピソードも語ってくれました。
厩舎に帰り、馬房に入るとすぐゴロンと横になってリラックスしていたそうです。
手のかからない子だったということです。

数多くのレース映像が流されました。

笠松時代の貴重な映像

画像


画像


感動のラストラン(ゴール後のウイニングラン)

画像


生涯成績

画像


改めて振り返ると「よくぞこれだけ走ったなぁ」と感動しました。
強靭な体と強い精神力。
走るために生まれてきたサラブレッドの鑑ですね。


オグリキャップ

ありがとう

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック